みずほ銀行 カードローン

【カードローン借り換え】金利が安くなるって本当?デメリットはあるの?

投稿日:

カードローン借り換え

カードローン借り換え

カードローンの借り換えを検討していますか?

このページでは、カードローンの借り換えについて解説しています。

借り換えをする前に、損をしないためにチェックしておいてくださいね。

 

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、現在カードローンを借りていて、その借金の残額を、他社で借りたお金で完済することです。

新たカードローンの借り入れがはじまりますが、前のカードローンより安い金利にすることで、支払い総額を少なくすることが可能です。

また、利息負担が減るので、毎月の支払額を減らすことも可能です。

実際にいくら減るのかは、カードローン会社によって違いますので、シュミレーションが必要です。

 

銀行の借り換えローン

借り換えローンを用意している銀行は多いです。

理由は銀行カードローンの金利が消費者金融より安いケースが多いからです。

借り換えを検討する場合は、まず金利を比較しましょう。

借り換えローンの金利は、段階的に「○%~●%」と幅があります。

借りたい額が100万円未満の場合は、ほぼ上限金利となります。

上限金利とは「○%~●%」の「●%」の部分で、一番高い金利です。

この高い金利が、現在借りているカードローンより低い金利でないと、借り換えするメリットはありません。

消費者金融金融から銀行の借り換えローンに借り換えする場合は、金利が安くなる傾向にあります。

厳密には審査してみないとわかりません。

 

借り換え専用ローン

借り換え専用ローンとは、他のローンから借り換えする目的だけのために用意されたローンです。

ですから、新規で自由な目的でローンではありません。まず、他社の返済が使用目的とされるローンです。

 

カードローン借り換えの審査について

カードローンを借り換える場合、借り換え先での審査は必須です。

普通に借りる時より、審査がゆるいのかどうかは、借りたいところによりますので、一概にはいえません。

消費者金融だから審査が甘い、銀行だから厳しいといったことはありません。

各社で独自に調査、審査されています。

 

審査の甘い銀行は?

借り換え用のカードローンを用意している銀行でも、審査が甘いと言えるところはありません。

「審査が甘い」という評判がたってしまうのと、銀行にとってはイメージダウンにもなりかねません。

たとえ、同じような年収、年齢、勤続年数であっても、さまざまな状況から、審査結果はちがってきます。

審査が甘い銀行を探すなら、とにかく審査を受けてみて…という方法しかありません。

 

カードローン借り換えのデメリット

利息が下がって、月の支払い額が減り、総支払額が少なくなる可能性があるカードローンの借り換え。

メリットだらけのように思いますが、デメリットはあるのでしょうか?

実はあります。

それは銀行カードローンを選んだ場合です。

銀行カードローンは、金利が低く月の返済額が減る可能性が高いのですが、その分返済期間が伸びる可能性があります。

これは、その銀行カードローンが採用している「借入残高に応じて最少返済額が増減する」方式の場合です。

この方式の場合は、月の返済額が下がるかわりに、総利息が増える可能性があります。

今、支払いが苦しいから、月の返済額を安くしたい!という場合は、借り換えで目的が達成されます。

しかし、長い目でみて、支払い総額で損をしないように、シュミレーションしておきましょう。

シュミレーションは各カードローンの公式サイトで簡単にできるようになっています。

もしわからない場合は、借り入れ申込の時に相談してみましょう。

 

借金は借り換えで減る?

減るというのは、月の返済額と、総支払額で見る必要があります。

先に説明したように、「月の返済額は減ったけど、返済期間が長くなったので、総支払額は増えてしまった!」ということもあるのです。

借り換えで借金を減らそう!という場合は、毎月の返済額を減らしたいのか、総支払額を減らしたいのか考えてみましょう。

 

カードローン借り換え方法

カードローンの借り換え方法は、新たに借りたいところを探して、現在の借り入れ額同等の額が借り入れ可能か、審査してもらいましょう。

ネットから簡単に申込が可能です。

借り入れ可能であれば、契約し、その借りたお金で、現在借りているところへ全額返済します。

注意するのは、借り入れできるカードローンが2社になるわけですから、借金が膨らまないように、前のカードローンは使わないようにすることです。

全額返済したら、カードを解約しましょう。

 

みずほ銀行カードローンの借り換えについて

みずほ銀行カードローンを他社に借り換える場合は、現在のみずほ銀行カードローンの金利より安いところでないとメリットはありません。

また、みずほ銀行カードローンへの借り換えを検討している場合は、現在の金利よりみずほ銀行カードローンの金利が安くないと損です。

みずほ銀行カードローンの金利は、エグゼクティブプランとコンフォートプランによって違います。

どちらのプランになるか、利用者のほうで選ぶことはできません。審査のうえ、みずほ銀行側が決定します。

エグゼクティブプラン 金利 年3.0%~7.0% 利用限度額 10万~1,000万円
コンフォートプラン 金利 年3.5%~14.0% 利用限度額 200万円~1,000万円
みずほ銀行カードローンを利用している店舗で、住宅ローンも借りた場合、金利が0.5%優遇されます。

 

銀行フリーローンを借り換え目的で

銀行のフリーローンを他のローンの借り換え目的で利用することも可能です。

フリーローンとは、「使途自由」のローンですから、使いみちは自由です。

ただし、事業目的の用途には使えません。

 

人気カードローンランキング

当サイト計測の人気順ランキングです。

プロミスとアコムは同時に申し込みがおすすめです。(とくに時間がない急ぎの方)


申込みしやすいと20代の学生など若い方から30代~50代の方にも人気のプロミス。
今なら新規契約キャンペーンで2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえます。
はじめての方には30日間無利息があるので、短期・少額の借り入れなら絶対プロミスがお得です。
※無利息サービス利用にはメールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要です。

スマホから最短1時間融資可能!

バンクイックお金借りる

若い方から30代40代まで人気の銀行カードローン。
低金利でフリーターでも比較的利用しやすい銀行カードローン。
口座なしでも利用できるので、日本全国多くの方が利用しています。
提携ATMが手数料無料で利用できます。
返済サポートで毎月1,000円からの返済が可能です。

口座なしの銀行カードローン!

 


三井住友銀行カードローンも銀行口座なしで利用可能。
三井住友銀行に口座がある人は、WEB完結で契約可能。
スピーディーな対応が可能な銀行カードローン。
提携ATMが手数料無料で利用できます。

口座なしで利用できる銀行カードローン

 

モビット

10秒簡易審査で早い!
セブン銀行ATMでスマホアプリで入金出金原則24時間可能。
来店不要で即日融資可能。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行の口座があればWEB完結で電話なし、郵送なしで借り入れ!

 

 

 

 

-みずほ銀行, カードローン
-, , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.