住宅ローン

住宅ローンが払えない!競売か任意売却か

投稿日:

競売任意売却

のりこ
競売と任意売却の違いは何ですか?

今日から女王
いろいろ違います。

のりこ
・・・・

keibaitoninnibaikyaku

競売と任意売却の違い

どちらも住宅ローンの支払いができなくなった家を売る方法です。一般的に競売よりも任意売却のほうが高く売れるとされていますが、トータルで最適な方法は当事者がかかえる他のローンや資産状況によってちがってきます。

専門機関に相談するのが、一番早くて確実に負担が少ない方法です。

借金整理・ローン返済のプロに匿名で相談【おしなり法律事務所】

競売と任意売却の違い

どちらが高く売れる?

競売より任意整理のほうが、高く売れるケースが多いです。

退去の時期

競売と任意売却とでは、任意売却のほうが早く退去しなければなりません。

法律と主導者の違い

競売は民事執行法のもとに、裁判所がおこないます。
任意売却は、宅地建物取引業法のもとに、売り主がおこないます。

宅建業者の関わり方

競売は、宅建業者の仲介義務はありません。
任意売却は、宅建業者が契約書類を作成します。

購入者が内見可能か

競売の場合、購入希望者が前もって物件の内見をすることはほぼ不可能です。
任意売却の場合はほとんどの場合可能です。

瑕疵担保責任

競売の場合、売主に瑕疵担保責任はありません。
任意売却の場合、特約で瑕疵担保責任の免責をつけることが多いです。

瑕疵担保責任とは、売買後に物件に瑕疵(欠陥)がみつかった時に、売主が買主に対して責任をおうという制度です。これによって、買主は契約解除や損害賠償を求めることが可能です。

引越し費用について

競売は、引越し費用は考慮されません。
任意売却は、引越し費用を考慮できます。

 

まとめ

競売は「家をとられてしまう」、任意売却は「自らの意思で家を売る」という側面がありますが、そのイメージだけでどちらかに決めてしまうのは危険です。

どちらにも、メリット、デメリットがあるので、専門家に相談してすすめるのが一番良い方法です。

借金整理・ローン返済のプロに匿名で相談【おしなり法律事務所】

-住宅ローン
-, , , , , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.