お金の借り方・心得 カードローン

無職でお金は借りられるか。借りられるところはあるか。

投稿日:

お金借りる無職

musyoku

無職でお金を借りられるかどうかですが、これは借りられます。

ただし、借りられる所が限定され、条件があります。

借りられるのは総量規制の対象外となる銀行です。総量規制というのは、年収の3分の1以上の借り入れができないという法律です。

無職の場合は自分の収入がありませんから、0円の3分の1は0円なので、そもそも借り入れができないというのが解釈です。

この総量規制は貸金業だけにかかわってくるので、貸金業である消費者金融のローンが該当します。銀行は貸金業ではないので、関係ないので対象外なのです。

しかし、全ての銀行で借りられるかというとそうではありません。銀行も商売ですから、返済してもらえるかの信用を判断します。

無職で借りられるといっても、まったくお金がない人には貸してくれません。無職で借りられる人というのは、

  • 専業主婦だが旦那さんに安定した収入がある方
  • 年金受給者で年金が安定して入ってきている、家賃収入など安定した収入がある方

などです。

銀行によって規定している条件は違うので、おおよその基準と考えてください。

また銀行が定める条件をクリアしていても、その上で審査が行われるので、条件だけ満たしていれば良いというわけではありません。

自分に収入がない場合はどうしても返済能力としては、低く判断されます。ですから、100万円以上や多額のお金は借りにくいのが普通です。

カードローンでお金を借りられるかどうかは、返済能力と希望する金額(限度額)によりますから、審査をうけてみないと何とも判断できない部分ではあります。

金融機関によっては、希望する金額の満額は無理ですが、いくらまでなら融資可能ですという審査結果を提示する場合もあります。

このように、個人でカードローンやフリーローンを借りる場合、無職でも借りれないことはありません。

ただし、普通の働いている正社員やパート・派遣社員の方に比べると、多額のお金は借りにくい傾向にあります。

そして、総量規制対象外の銀行カードローンであっても、専業主婦や年金受給者は不可という規定の銀行もあります。

無職でカードローンを申し込みする場合は、自分が無職であっても融資可能な銀行を探すことで、借りれる可能性は残っています。

仕事を辞めて休職中の無職の場合

専業主婦でもなく、年金受給者でもない方で、休職中・失業中で無職の場合、お金を借りるのは厳しいです。

どの銀行カードローンも消費者金融系カードローンも、本人が働いていることが前提だからです。審査の段階で必ず在籍確認があります。

これは、金融機関によっては書類で確認することもありますが、ほとんどの場合、職場へ個人名で電話をかけることで確認しているので、嘘の勤務先を書くことはできません。

失業中でお金がない場合は、短期のアルバイトで即日給与支払いのところを探して働くか、親などのお金を借りるのが良いでしょう。

普通の金融期間では休職中・失業中の無職の場合、お金を借りることはできません。

人気カードローンの選び方
→あなたに最適☆ローンランキング

-お金の借り方・心得, カードローン
-, ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.