お金の借り方・心得 カードローン

親の借金を肩代わりして払う方法とリスクについて

投稿日:

親の借金

親が借金をして困っている人も多いと思います。

昔カードローンを借りていて、現在も返済が続いているなら、金利を引き下げてもうらうことも可能です。

このページは「親の借金を子どもが支払う事とそのリスク」について解説しています。

 

子どもが親の借金を返済することは可能か?

親に代わって借金を支払うことは可能です。

しかし、口座引き落としで返済している場合は、親名義の口座から引き落としされることになりますので、「親の口座にお金を振り込む→お金が引き落としされる」という形になります。

また、ATMで返済する方法なら、誰が入金しても同じですから、子供自らが入金することで直接返済が可能です。

子供の名義の銀行口座から引き落としはできません。

契約上、口座引き落としでの返済は「本人名義の口座から」となっているからです。

 

親自身の支払いを楽にする方法

親が借金を払えないなら、支払いは親のままで、楽にする方法が2つあります。

  1. おまとめローンを利用して、返済を一本にまとめる
  2. 金利を下げる

この2つの方法を使います。

カードローンの中には、「おまとめローン」といって、他社複数からの借り入れをまとめるためのローンがあります。

これは、1つに借り入れをまとめることで、「月の返済負担を軽くし、返済日を1回にできる」というメリットがあります。

今借りているローンそれぞれの金利より、安い金利のカードローンにまとめないと意味がありません。

消費者金融より銀行カードローンのほうが金利が安いので、銀行カードローンの中から選ぶといいでしょう。

金利が高くなってしまったら、支払いは1回になりますが、トータルの負担は増えることになります。
低金利のおまとめローンは審査がやや厳しいですが、審査自体は無料でできるので、確認してみるといいでしょう。

 

2番目の金利を下げる方法ですが、利息制限法という法律が変わる前は、いまより高い金利で貸し付けが行われていました。

もし、そのままの契約で支払っているのなら、金利の引き下げ+過払い金の返金ができるかもしれません。

 

過払い金の返金は借り入れの状況にもよるので、弁護士や司法書士など専門家に相談してみましょう。

市役所などの無料相談会でも、教えてくれます。

契約書や通帳など、契約・返済履歴がわかるものを持参してください。

 

複数の借り入れ先で、金利が下がれば、負担は少なくなります。

 

親の借金をこどもが借金して支払うことのリスク

親の借金のために、自分が支払わなければならない…そんな状況のときに、「自分が借り入れをして、親の借金返済にあてる」という方がいます。

親の借金は、子どものあなたに支払いの義務はありません。(遺産を相続すれば、ローンの支払い義務も相続されます)

親が生きている間は、あなたは支払わなくてもいいのです。

ドラマや映画で「親の借金を払え!」と言っているのはフィクションで、実際は「第三者請求」といって違法なのです。

子どもが預貯金を使って、親の借金を代理で支払うのは可能ですが、子どもが自分の名義で借り入れをすると、子ども自身の借り入れとみなされます。

親の借金のためなど、理由は関係ありません。親が亡くなっても、完済まであなたに支払い義務が残ります。

ですから、親の借金のために借り入れをするのは、覚悟をして契約してください。

 

まとめ

子どもが親の借金を肩代わりすることは可能。

おまとめローンや低金利ローンを利用することで、負担を軽くすることができる。

借金をしてまで返済するのは、義務がないしリスクの覚悟を。

 

低金利銀行カードローンほか 人気ローンランキング

当サイト計測の人気順ランキングです。

プロミスとアコムは同時に申し込みがおすすめです。(とくに時間がない急ぎの方)


申込みしやすいと20代の学生など若い方から30代~50代の方にも人気のプロミス。
今なら新規契約キャンペーンで2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえます。
はじめての方には30日間無利息があるので、短期・少額の借り入れなら絶対プロミスがお得です。
※無利息サービス利用にはメールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要です。

スマホから最短1時間融資可能!

バンクイックお金借りる

若い方から30代40代まで人気の銀行カードローン。
低金利でフリーターでも比較的利用しやすい銀行カードローン。
口座なしでも利用できるので、日本全国多くの方が利用しています。
提携ATMが手数料無料で利用できます。
返済サポートで毎月1,000円からの返済が可能です。

口座なしの銀行カードローン!

 


三井住友銀行カードローンも銀行口座なしで利用可能。
三井住友銀行に口座がある人は、WEB完結で契約可能。
スピーディーな対応が可能な銀行カードローン。
提携ATMが手数料無料で利用できます。

口座なしで利用できる銀行カードローン

 

モビット

10秒簡易審査で早い!
セブン銀行ATMでスマホアプリで入金出金原則24時間可能。
来店不要で即日融資可能。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行の口座があればWEB完結で電話なし、郵送なしで借り入れ!

 

 

 

 

 

-お金の借り方・心得, カードローン
-, ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.