SMBCモビット カードローン プロミス 三菱UFJ銀行

銀行カードローンのCM本数、実は消費者金融の2倍以上だった

更新日:

テレビCM,カードローン

【銀行カードローンの今後】審査が厳しくなり借りにくくなります。という記事を書いたばかりですが、実は銀行カードローンのCM本数が消費者金融の2倍以上の本数があることがわかりました。

民間の調査会社による調査結果は以下です。

銀行カードローンのCM本数

現在は
三菱UFJ銀行→三菱UFJ銀行
モビット→SMBCモビット
になっています。

表では、2011年~2016年度の大手銀行カードローン(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行=レイク)と消費者金融(アイフル、アコム、SMBCコンシューマーファイナンス=プロミス、SMBCモビット)のCM放送本数(1本=15秒換算、関東地区)を比べています。

単純に銀行カードローンのCM本数が、消費者金融の2倍程度多いとみてとれます。

 

2016年をみてみると、三井住友銀行が最も多く約3,020本、新生銀行(レイク)が約2,230本、三菱UFJ銀行が約1,990本です。

いっぽう消費者金融は780本~1,170本。

大手銀行のみずほ銀行は0本でした。

ローンCM以外はのぞいた結果です。

 

どうしてCM本数に大差があるの?

銀行カードローンのCM本数

ここまで、CM本数に差があるのは理由があります。

それは、消費者金融はCM本数が規制されているが、銀行は規制外なのです。

これをうけて、銀行側はカードローンのCM本数を減らす動きが出てきています。

規制の内容

銀行カードローンCM規制

消費者金融各社は、貸金業法による、広告の自主規制にそってCMを放送しています。

消費者金融業界では、1社のCM本数を月に100本以下としています。

また、時間も制限しており、午前7時~9時と午後5時~10時は禁止しています。

放送時間については、銀行も午後5時~9時は放送していませんが、これはテレビ局側の基準によるもので、消費者金融のような本数の制限はありません。

 

まとめ 銀行もCMを自粛する動き

銀行カードローンCM規制

銀行カードローンの借り入れが増えた背景には、こういったCMによる知名度のアップ、イメージのクリーン化が影響していると考えられます。

多重債務の問題が深刻化し、消費者金融は貸金業規制法による貸付の制限(年収3分の1以下)やCM規制を行ってきました。

その裏で、規制をうけない銀行カードローンは、利用者が爆発的に増えたと考えられます。

銀行側もこのままではいけないと感じ、CM本数を減らすように動き出しています。

2017年4月から、三菱UFJ銀行はCMを月に100本以下とし、放送時間帯も見直しています。

また、三井住友銀行も4月から、平日の朝は自粛し、正確な数はわかりませんが、本数も減らしているそうです。

銀行カードローンも消費者金融も、メディアへの露出が少なくなれば、利用者の増加は歯止めがかかるかもしれません。

-SMBCモビット, カードローン, プロミス, 三菱UFJ銀行
-, , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.