カードローン 栃木銀行 足利銀行

足利銀行、栃木銀行のカードローン審査が厳しくなる【カードローンの自主規制】

投稿日:

栃木銀行カードローン

栃木銀行カードローン

個人による銀行カードローンの借入が増えるなか、いま多くの銀行で自主規制がはじまっています。

自己破産者が増えているからです。

このページでは足利銀行と栃木銀行の銀行カードローン自主規制と審査の厳格化について紹介します。

全国で急増する銀行カードローン

金利が比較的高い銀行カードローンは利ざやを稼げるため、残高が全国的に増えています。

消費者金融など貸金業者は総量規制が導入されて以降、過剰融資抑制のため債務者の年収の3分の1までしか融資できません(総量規制)が、銀行は適用外で、銀行カードローンが多重債務を助長していると問題視されています。

このため全国銀行協会(全銀協)は2017年3月、「健全な消費者金融市場の形成に向けた審査態勢等の整備」を盛り込んだ銀行カードローンに関する申し合わせを公表した。

この指針に強制力はありあmせんが、各銀行は審査の厳格化する方向ですすんでいます。

 

足利銀行の審査が厳しくなる

足利銀行カードローン

足利銀行のカードローン「モシカ」は、使い道が限定されず、無担保で10万~500万円を借りられるカードローンです。

モシカの取扱いは、2013年10月に開始されました。

金利は利用者の信用力に応じて年5.8~14.8%となっています。

モシカを含むカードローン全体の貸出残高は13年度の188億円以降、毎年20%台で伸び、16年度は343億円に達しました。

カードローンの借入が急速に増えているという証拠です。

足利銀行のモシカの場合、借入額にかかわらず不要としていた所得証明書に関し、50万円を超える場合は提出を義務付けるようにした。

 

栃木銀行でも審査を厳しくする動き

栃木銀行は2014年から借入額100万円超に対し年収証明書を義務付けています。

さらに「とちぎんスマートネクスト」など5商品に関し2017年の5月からは、100万円を50万円超に引き下げました。

これにより審査の基準が厳しくなったといえます。

 

まとめ

全国銀行協会(全銀協)の申し合わせ「健全な消費者金融市場の形成に向けた審査態勢等の整備」に強制力はありませんが、大手銀行に追従して、地方銀行も同様の動きになっていくと考えられます。

 

消費者金融系のカードローンの人気が復活しています

-カードローン, 栃木銀行, 足利銀行
-, , , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.