お金に困った例と解決法

無職なのに通販で服を買いすぎて、買い物依存症に。どうやって治す?

投稿日:

病気などの理由でずっと家にこもっていても、お金を使いすぎてしまうことがあります。

 

その代表例がネット通販ですね。

こちらの記事では、持病のため働けない40歳女性が、ネット通販で買い物依存症になり、それをどう克服したかの体験談を紹介してくれます。

 

 

家にこもっているため、ネットサーフィンが一番の楽しみに

長野県在住の40歳、女性です。

わたしが買い物依存症に陥るきっかけとなったのは、あるネットのサイトで靴を買ったことでした。

 

わたしは持病があり、普段はほとんど外出できません

一ヶ月に二度、家と病院を往復する程度です。

 

そんなわたしの一番の楽しみは、ネットサーフィンをすることでした。

 

通販,服,買いすぎ

 

ネットの世界は情報があふれています。

退屈な毎日を送っているわたしには、それが何よりの刺激になったのです。

 

 

とある通販アパレルサイトにハマってしまった

もともとファッションに興味があったわたしには、お気に入りの靴のブランドがありました。

そのブランドのことをネットで調べているうちに、あるサイトに出会ったのです。

 

そのサイトでは、デパートの広告でみかけるよりもはるかに安く、靴を販売していました。

靴は実際に履いてみないと購入できないと思っていましたが、そのサイトでは、もし靴が足に合わない場合は返品可となっていました。

 

今までに見た事のない割引率に興奮したわたしは、そこで一足の靴を購入しました。

 

「購入する」のボタンを押したときから、わたしの買い物依存症は始まったのです。

 

通販,服,買いすぎ

 

届いた靴は足にぴったりフィットしました。

もっと掘り出し物はないかと探していると、靴以外にも次々にわたしの好みのバッグやアクセサリーなどが見つかります。

 

明らかに買い物し過ぎだと分かっていましたが、どうしても我慢が出来ず、気になったものをすべて買い物かごに入れ、また購入してしまいました。

その月のクレジットカードの支払額は6万円を超えました。

 

 

母親名義のカードの月の支払いが50万円を超えたところで…

わたしは無職のため、自分のカードが作れません。

そのため、母親名義でカードを作ってもらいそれを使っていました。

 

親にはわたしが何を購入したのか、すぐにばれます。

 

最初の頃は、大目にみてくれていた両親も、毎月の支払額が10万円を超えた頃には、さすがに怒るようになりました。

 

それでもわたしは、「sale」や「残りわずか」の文字を見かけると、購入ボタンをクリックするのをやめられず、とうとう月の支払いが50万円を超えたところで、カードを取り上げられ、強制的に入院させられました。

 

通販,服,買いすぎ

 

突然ネットも使えなくなり、発狂しそうになりましたが、約一ヶ月間病院にいたことで、ネットをしない環境に慣れました

 

家に帰るとパソコンがなくなっていました。

わたしの唯一の楽しみでしたが、それも仕方ないことだと思っています。

 

依存性を克服するには、その原因から物理的に距離を置くほかに、精神科医や自助グループを頼るのがオススメです。

 

もし借金問題を自分で解決できそうになければ、弁護士や司法書士に相談するのもいいですね。

 

-お金に困った例と解決法
-, ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.