お金の借り方・心得 カードローン

カードローンで借りたお金は返済しないといけない【カードローンでお金を借りてはいけない人って?】

投稿日:

カードローン次々借り入れ

カードローンで新たにお金を借りようとしていますか?

カードローンでお金を借りてはいけない人がいます。

あなたは大丈夫ですか?

カードローンの借金地獄に陥る前に、軌道修正しましょう。

借りたお金を、借りたお金で返すのは、自転車操業のはじまりです。

忘れないでください。

カードローンで借りたお金は返済しないといけない

これは、法律でもあり大前提のルールです。

それがわからない方は、カードローンでお金を借りてはいけません。

 

借りたお金を返すのは法律で決められたルールです

「借りたお金は返さないといけない」

これは、当たり前のルールです。

検索して調べている場合じゃないですよ

 

カードローンや住宅ローンなど、お金を借りるときには「金銭貸借契約」をしているはずです。

その契約がある以上、返済義務があります。

 

契約書を交わしていなかったら返済しなくいいの?

金銭貸借契約書を交わしていなかったら、借りたお金を返さなくてもいいのか。

たとえば、親に1万円借りたけど返していない…そんなことがあるかもしれません。

親子間、友人間のお金の貸し借りは、うやむやになりがちです。

しかし、人間のモラルとして「借りたものは返す」のが当たり前です。

「契約書がないから、トンズラしよう」などと人道に外れることを考えるのはやめましょう。

一番大事な信用を失うことになります。

あなたのためです。

 

借りたお金が払えなくなったら

サラリーマンの方なら、給料が減った、残業代がカットされたなどあるでしょう。

自営業の方なら、仕事自体が減ってしまうこともあります。

それでも、カードローンや住宅ローンの支払いは期限を待ってくれません。

そんなときに、「簡単に借りられるから」という軽い気持ちで、2社目の借り入れを申し込む方が非常に多いです。

返済できないのに、新たな借り入れをしているのです。

そんなバカなことはありません。

借りたお金を返せなくなったら、まず借り入れ先に相談しましょう。

それでも何の解決策にもならなかった場合は、他の方法を考えることになります。

返済の負担を軽減できるときだけ、新たな借り入れ先を探すことになります。

たとえば、今借りているローンの金利が高い場合は、安いところに借り換えるという方法です。

この借り換えも、よく調べずにしてはいけません。

  • 確実に返済できる
  • 確実に今の負担を減らせる

その確認をしてから、借り入れするようにしてください。

そして、借り換えローンを借りたら、そこからは、新たな借り入れはしないこと!

1社目の返済だけを考えてください。

借り入れ枠があるからといって、新しく借金してはいけません。

枠が増えたことで、安心していたら借金地獄に落ちてしまいますよ。

借り換えローンを借りたら、新たな借り入れはしないこと!

 

まとめ 次々にお金を借りてはダメ!

借りたお金は必ず返さないといけません。

次々と安易にカードローンを契約するのは、自転車操業のはじまりです。

「いつか返し終わる」なんて甘い考えはやめましょう。

ローンには利息が発生します。

借りれば借りるほど、利息の負担が多くなり、自分が損をすることになるのです。

借りたお金を返せなくなったら、借り入れ先に相談するのが一番最初にすることです。

返済が遅れそうば場合も、すぐに連絡しましょう。

 

-お金の借り方・心得, カードローン
-, , , , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.