お金の借り方・心得

国からお金を借りれる制度【緊急小口資金貸付制度】

更新日:

国から個人がお金を借りる方法はいくつかあります。

その中のひとつに「緊急小口資金貸付制度」という制度があります。

このページでは「緊急小口資金貸付制度」について紹介します。

文字通り、緊急=急ぎの事態 に、小口=少額 貸してくれるという制度です。

 

「緊急小口資金貸付制度」とは

病気や失業など、急なアクシデントでお金が必要になるときってありますよね?

 

家族や知人、民間の金融機関からお金を借りることができれば問題ないですが、もし断られた場合どうすればよいのでしょう?

 

そんなときに頼りになる国の制度が、「緊急小口資金貸付制度」です。

 

その名のとおり、緊急に生活に必要なお金を国から借りることのできる制度ですね。

 

特徴はなんといっても、無利子で借りることができること。

 

国からお金を借りる制度は他にも色々ありますが、無利子で利用できるのは連帯保証人を立てた場合で、立てない場合は年利1.5%がつきます。

 

しかし、なんと「緊急小口資金貸付制度」だけは、連帯保証人をつけなくても無利子で利用することができます!

 

生活費を無料で借りることができるなんて、かなり魅力的ですね。

 

 

「緊急小口資金貸付制度」でお金を借りれるケース、事例

まず、「緊急小口資金貸付制度」でお金を借りることのできるのは、どんな時なのでしょうか?

 

制度を利用できる理由の例をいくつか挙げると、

  • 給料の紛失や盗難
  • 入院
  • 災害に被災
  • 失業もしくは休業
  • 交通事故

などです。

 

ちなみに利用できるのは、

  • 生活を維持することが困難
  • 返済の見込みがある
  • 低所得世帯

が対象となっています。

 

 

「緊急小口資金貸付制度」で借りれるのはいくらまで?限度額

では、「緊急小口資金貸付制度」は、いくらまでお金を借りることができるのでしょう?

 

まず、限度額は1,000円単位で10万円までとなっています。

ただし、給料の紛失・盗難の場合は5万円までです。

 

借入額が5万円の場合は月々の返済は6,250円ずつに、10万円の場合は12,500円ずつになります。

 

どちらの場合も据置期間が設けられていて、融資を受けた日から数えて3ヶ月目から支払いが開始されます。

ちなみに口座振替で、毎月22日に引き落とされます。

 

 

「緊急小口資金貸付制度」の審査、必要書類、手続き

最後に、「緊急小口資金貸付制度」でお金を借りるまでの審査や手続き、必要書類を紹介します。

 

まず、お住まいの市区町村の社会福祉協議会に相談に行きます。

 

相談により審査の申し込みが適切だと判断されれば、借り入れに必要な書類が渡されます。

 

以下が必要書類の一覧です。

  • 借入申込書
  • 借用書
  • 借入する方の印鑑登録証明書と実印
  • 本人確認のための書
  • 収入証明書(源泉徴収や給与明細書など)
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 預金口座振り替え依頼書

 

また、借入する理由によっては、以下のような書類が必要になる場合もあります。

  • 医療費の領収書
  • 雇用保険受給資格者証や認定スケジュール表
  • 年金事務所発行の書類
  • 雇用証明書
  • 訓練手当て受給資格認定書や職業支援計画書の写し

 

これらを提出することで審査が行われ、貸付が決定という流れになります。

ちなみに審査期間は最低5日、長い場合は2週間程度かかることもあります。

 

 

「緊急小口資金貸付制度」についてまとめ

審査には少し手間と時間がかかりますが、日々の生活費を無利子で借りることのできる「緊急小口資金貸付制度」

 

もし急なアクシデントに見舞われて、「今月の生活費どうしよう」と悩んでいるなら、ぜひ近所の社会福祉協議会に相談に行ってみてくださいね。

 

 

-お金の借り方・心得
-,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.