お金に困った例と解決法

リーマンショックの影響で投資信託に失敗。貯めていた老後の資金が…

投稿日:

投資をしている人にとって、突然の不景気ほど怖いものはありません。

 

こちらの記事で、リーマンショックの影響で投資信託に失敗し、老後の資金が足りなくなってしまった55歳女性の体験談を紹介します。

 

 

リーマンショックの影響で投資信託で大損

私は埼玉県在住の55歳の主婦です。

バブル崩壊後、殆どの家庭がご主人や奥さんのお給料が低くなったり、ボーナスが半額になったり無くなったりしたと思います。

 

我が家は幸い、主人のボーナスがゼロになることはありませんでしたが、若い頃より大分低くなっています。

ここで娘が結婚し、末っ子も独立したので家計は楽になると思っていました。

 

子供達は3人共一部学生支援機構からお金を借りて大学を出て、現在返済中です。

 

まだ子供達が学生の頃、母から薦められて投資信託を100万円程始めてみました。

それまではバブル前に金の相場をした位で、損はしませんでしたがあまり儲かりませんでした。

 

しかし、母の薦めた投資信託は、海外の小さな株式を運用して、毎月5,000円ほど、3か月に1回は50,000円位のボーナスが出る物でした。

 

そこで、申し込んだのですが、なんと、1年経つか経たないかでリーマンショックが起こりました。

 

 

しばらく様子見で放っておきましたが、毎月の支給は1,500円まで下がりボーナスは一切なくなったので止めました。

 

23万円位しか元金は残っていませんでした。

普通の状態ならまた持ち直すことも期待出来たのですが、リーマンショックは大き過ぎました。

 

それ以降は元金保証のある物以外、つまり銀行の定期預金や少しでも利率の高い普通預金等にお金を預けるのに徹しました。

 

 

足りなくった老後の資金をどのように貯蓄していったか

おまけに夫が55歳を超えたので、これからは昇給は無し

元から給与明細には「本来出るべき額」が書いてあり、不況の所為で3万円程お給料が下がっていました。

 

この3万円が出ていればな・・・と思ったのですが、どうしようもありません。

 

しかし、このままでは老後の資金が足りません。

預金も300万円位しかなく、退職金も500万円減額が言い渡されました。

 

 

そこで、夫の生命保険を2,000万円下げ医療保険も解除しました。

これで、毎月20,000円近く浮くことになります。

 

高額医療費制度を知らなかったので、医療保険をずっと掛けていたのが馬鹿らしくなりました。

これから年を取ったら入院等も増えるのでしょうが。がん保険に入っているので、それ1つで充分だと思います。

 

それどころか、高額医療費制度があるので、医療保険には入らない人も多いとか。

自分から色々と調べて老後を何とか暮らしていかなければなりません。

 

-お金に困った例と解決法
-, ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.