学生ローン 目的別ローン

20歳未満でお金を借りる方法

投稿日:

20歳未満でお金を借りる方法

20歳未満でお金を借りる方法

20歳未満でお金を借りる方法

20歳未満は、法律上大人として扱われません。

日本の法律では未成年といわれていますね。

未成年ということは、契約ができないということです。

お金を業者や銀行から借りるのは『契約』ですから、できないということですね。

銀行や消費者金融のカードローンには年齢制限があり、満20歳以上の方しか借入ができないようになっています。

20歳未満でお金を借りられる例外はあるのか

銀行カードローンや消費者金融系のカードローンで20歳未満の借入ができないことはお話しました。

では、借りる方法はないのか?

方法はあります。

それは、学生ローンです。

学生ローンなら、条件を満たしていれば20歳未満でもお金を借りることが可能となっています。

会社によっても違いますが、基本的な条件は

  • 日本国籍であること
  • 学生であること(大学生・短大生・予備校生・専門学校生)
  • 安定した収入のある人

となっています。

学生ローンによっては、予備校生は不可としているところもあります。

また、親の承諾が不要なところと、必要なところがあります。

安定した収入がないとダメ

20歳未満で借りられると言っても、避けてとおれないのは収入の条件です。

たとえ学生であってもアルバイトなどで本人が働いた収入がないとダメなのです。

これは消費者金融に関する貸金業法で決まっているので、本人が全く仕事をしていない無職の状態では借入ができません。

学生ローンの金利は高い

20歳未満の若者に融資するのは、貸金業者もリスクがあります。

収入が低く、安定した職についていない可能性が多いです。

20歳未満の学生で正社員の方というのは少ないですよね。

多くの方はアルバイト収入にたよっています。

そういった事情から安い金利で貸すことができないので、高めの金利になっています。

いいかえれば、

金利は高いが20歳未満の学生でも貸してくれる

ということになります。

普通で考えるとリスクがありそうな人に融資するので、高めの金利になってしまうのは、しかたがないことなんですね。

学生でない20歳未満の方は借りれないのか

残念ですが、学生ローンを利用するにあたって

学生であること

は絶対条件です。

学生ローンは学生のための融資なので、当然といえば当然ですね。

学生証の提示が必要なケースがほとんどです。(会社によって違います)

学生証や在学証明で『学生であること』を証明します。

20歳未満で学生ではない=社会人の方がお金を借りれるところ

20未満で学生ではない社会人の方がお金を借りる先として、『ろうきん』があります。

ろうきんとは、労働金庫です。

労働金庫とは、労働組合や生協などの団体が共同で作っている金融機関です。

目的は社会福祉の概念がつよく、非営利組織となっています。

非営利ということは、利息で儲けようと考えていません。

だから金利も安いのです。

ろうきんのカードローン『マイプラン』

ろうきんのカードローンが20歳未満の社会人の方におすすめの借入方法です。

勤務している会社がろうきんに加盟している場合、一般的なカードローンと比較してかなりの低金利で借入ができる可能性があります。

もし加盟していないとしても、他の消費者金融系カードローンや銀行系カードローンと比較すると、低金利であることは間違いないです。

ろうきんカードローン『マイプラン』の金利や条件は全国で違う

ろうきんの組織は全国で複数あります。

それぞれの営業エリアごとに借入の条件や金利が異なっているので、ろうきんカードローンの借入を考えている方は、自分の該当するエリアに直接確認してみましょう。

例として、

年齢は18歳以上65歳未満(未成年は親権者の同意が必要)

などとなっています。

また、金利は会員組合員と一般勤労者とでは異なりますし、融資限度額も違います。

一般の勤労者より会員組合員のほうが、金利や借入限度額が優遇されています。

 

-学生ローン, 目的別ローン
-, ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.