お金の借り方・心得 カードローン プロミス

プロミスの金利は低いのか?実際に利息を計算して他社消費者金融と比較してみた

更新日:

プロミス金利比較

プロミスの金利は低いのでしょうか?

お金を借りるときに気になるのが金利です。

金利が高いと利息を多く払わなければなりません。

ローン返済の金利負担を少なくするためには、金利の安いローンで借りるのが鍵となります。

このページでは有名消費者金融のプロミスの金利について解説しています。

すぐにプロミスで借りたい方はこちら
プロミスの詳細・仮審査はこちら

プロミスの金利を他の消費者金融と比較

プロミスの金利は、年4.5%~17.8%となっています。(執筆現在)

この金利を他の消費者金融と比較してみましょう。

プロミスと同じくらい知名度のある消費者金融、アコム・アイフル・SMBCモビット・ノーローンについて紹介します。

  • アコムの金利は、年3.0%~18.0%です。
  • アイフルの金利は、年4.5%~18.0%です。
  • SMBCモビットの金利は、年3.0~18.0%です。
  • ノーローンの金利は、年 4.9%~18%です。

プロミスの金利は、年4.5%~17.8%なので上限金利が一番安いです。

 

上限金利が安いってどういうこと?金利帯とは

消費者金融や銀行カードローンの金利には、金利帯があります。

○%~○%という幅があるのが金利帯です。

この中で借り入れのときに、どの金利になるかが決まります。

金利は自分で選ぶことができません。

だいたい100万円以下の少額の融資の場合、上限金利が適用されます。

上限金利とは、金利帯の一番高い金利です。

一般の方が消費者金融系カードローンでお金を借りる場合は、最初から多額のお金を借りることは少ないので、上限金利で比較するのが簡単でしょう。

 

18.0%と17.8%の金利差ってどれくらい?

プロミスと他社の金利差は0.2%です。

この差ってどれくらいなのか実感できますか?

実際に利息の計算をしてみましょう。

利息は

  • 借り入れ額
  • 借り入れ日数(日割り)

で計算されます。

計算式は、

借り入れ額×金利÷365日×借り入れ日数

です。

ここでは10万円を30日間借りた場合の利息差を計算してみますね。

金利18.0%の場合
100,000円×18.0%÷365日×30日=約1,479円

金利17.8%の場合
100,000円×17.8%÷365日×30日=約1,463円

利息の差は16円です。

この計算は10万円を30日間借りた場合の利息差なので、借りる金額が多かったり、借りる期間が長ければそれだけ差が大きくなっていきます。

 

プロミスには無利息期間がある

プロミスではじめて契約する場合、WEB明細の利用登録とメールアドレスを登録することで無利息で借り入れをすることが可能です。

プロミスの無利息期間は、借り入れ翌日から30日間なので、30日以内に返済すれば利息は0円です。

次の給料日までとか、ボーナスの至急日までなど、短期の借り入れの場合は、プロミスで借り入れできればかなりのメリットがあります。

 

まとめ

プロミスは他の消費者金融と比較して上限金利が安いです。

多くの消費者金融系カードローン(アコム・アイフル・SMBCモビット・ノーローン)の上限金利が18.0%で、プロミスは17.8%となっています。

10万円を30日間借りた場合の利息差は16円なので、金利差は0.2%ありますが、少額の借り入れではあまり差がないといえるでしょう。

金利の差は借入額と期間によっては、ほぼ無いといえます。だからといって簡単にお金を借りちゃダメですよ。

-お金の借り方・心得, カードローン, プロミス
-,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.