お金の借り方・心得 カードローン プロミス

プロミスの金利引下げについてアレコレ【交渉したら金利が安くなるの?】

投稿日:

プロミス金利引き下げ交渉

プロミスで借りている方が返済を楽にするなら、金利が下がればいいですよね。

金利が少しでも下がれが、金利負担分の返済が楽になります。

返済を楽にするには、金利の安いカードローンに借り替える方法もありますが、いま借りているプロミスの金利が下がれば、一番楽です。

このページでは、プロミスの金利の引き下げについて解説しています。

交渉したらプロミスの金利は下がるのでしょうか?

プロミスで借りている方も、借りようか検討している方も、知っておいて損はありません。

 

プロミスの金利はいくら?

プロミスの金利は、4.5%~17.8%です。

これは借りる金額や、審査の内容によって金利に幅があるという意味です。

 

金利を下げてくれるには条件があります

プロミスに金利は、お願いすれば誰でも下げてもらえるわけではありません。

金利の引き下げには、以下のような条件があります。

  • いままでプロミスや他社で延滞をしていない
  • 利用限度額の増額をしていない
  • 返済もしているが、ときどき追加のキャッシングもしている
  • 収入が契約時とかわらず安定している

ただし、これは絶対ではありません。

こんな感じだったら、交渉次第で金利が下がるかもしれませんという意味です。

金利の引き下げには交渉がポイントです

条件は主に、今まで借りていたときの返済状況です。

これをみていると「プロミスにとって良いお客様かどうか」がポイントなんです。

金利を下げるということは、プロミスにとって利益が減るということです。

それでも下げてくれるには、「このお客さんは長くおつきあいしてくれそう。安心してお金を貸すことができる。」と思ってもらうことが大切です。

ですから、返済の延滞がちょくちょくある方は、金利の引き下げは難しいのです。

 

プロミスの金利を下げてもらう方法は?

直接プロミスコールに電話して、相談するのが早いでしょう。

普通に「利息の負担を減らしたいので、金利を下げてもらえませんか?」と言えばOKです。

あとは、あなたの信用度、これまでの取引履歴、これからの状況予測に基づいた判断になります。

自分では、プロミスにとって良いお客さんだ!と自信があっても、金利を下げてもらえないケースもあります。

プロミス側の状況もあるからです。

 

さらに踏み込んだ交渉術

ただ単に「金利を下げてほしい」だけだと、通らないことがあります。

というか、多くの場合、却下されるかもしれません。

そこで、秘策を使います。

それは、「他の会社に借り換えしようと思っている」ことを匂わせるのです。

プロミスは消費者金融なので、金利では多くの銀行カードローンに負けています。

その点をちらつかせるのです。

具体的には

  • 金利の安い銀行カードローンに借り換えしようと思っている
  • 他社にも借り入れがあるが金利がプロミスより安い、そちらに借り換えを検討している
  • 金利を下げてくれるなら、プロミスはこのまま借りておく

という具合です。

強引に要求するのではなく、お願いする姿勢を忘れないように、交渉してください。

交渉は相手を要求を通すだけでは成功しません。お互いにメリットがないと成立しないのです。

 

引き下げ交渉はダメモトでもいいが、契約直後はNG

じつは、交渉NGなタイミングがあります。

引き下げ交渉は、もし却下されても金利があがるわけではありません。

しかし、「ダメモトでもいいから、お願いしてみよう!」と思ってはいけません。

「金利の引き下げ要求があったこと」はプロミスの記録に残るからです。

プロミスにかぎらず、消費者金融には顧客台帳のようなものがあります。

契約からの履歴が社員にわかるようになっている帳簿です。

ここにしっかりと「○月○日 金利引き下げ依頼あり」と残ります。

契約直後の信用がない段階で無茶な要求をすれば、「めんどくさい客」というイメージがつくかもしれません。

確実に取引をして、信用度を高めることが金利の引き下げに近道です。

 

引き下げ交渉が成功しやすいタイミングは増額のとき

引き下げ交渉に最適なタイミングはあるのでしょうか?

なんでもタイミングが大事ですよね。

プロミスの金利引き下げにオススメのタイミングは「増額」のときです。

増額とは、利用限度額を増やすことです。

実はプロミスと取引を続けていると「利用限度額を増やしませんか?」と、むこうから営業電話がかかってくることがあります。

これはプロミスが「あなたにもっと利用してもらいたい」と思っている明確な印なので、強気に交渉することができます。

このタイミングで「増額してもいいが、金利を下げてほしい」と言うと、案外すんなり通るかもしれません。

増額の提案があったらチャンスです!

 

プロミスから金利を下げますと言ってくる場合もある

こちらから問い合わせをしなくても、プロミスのほうから「金利を下げましょう」と言ってくれることがあります。

こうなれば、あなたはもうプロミスにとって、最重要なお客様です。

優良顧客ですね。

金利が下がれば、お得に利用することができますから、他の顧客より優遇されます。

 

まとめ まじめにお付き合いしていれば、金利引き下げの可能性はある

プロミスは優良顧客であれば、金利の引き下げも可能です。

自分の取引履歴を振り返ってみて、自信のある方は一度電話で交渉してみましょう。

返済遅延など、過去に落ち度がなければ、ダメモトでもいいでしょう。

もし、金利の引き下げにおうじてもらえなくても、金利が高くなってしまうわけではありません。

また、一度断られても、半年後・一年後にまたチャレンジしてみると下がる可能性があります。

金利の引き下げに最適なタイミングは、増額依頼の電話があったときです。

1年程度ちゃんと使っていたらダメモトOKです

-お金の借り方・心得, カードローン, プロミス
-, , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.