お金の借り方・心得

パートがお金を借りなければならない場面は?

投稿日:

銀行や消費者金融などでお金を借りるとき、審査が必要になります。

 

審査に通って初めて契約することができるのです。

もしもお金を借りる予定があるのなら、予め審査に関するノウハウを知っておくと不安が減りますよ。

 

何を基準に審査しているの?

銀行のカードローンも、大手消費者金融のキャッシングも、審査がないところはありません。

必ず審査が必要になります。

 

一定の審査をクリアした方だけが融資を受けることができます。

 

お金を借りるにはどんな審査基準をクリアしないといけないのでしょうか?

審査基準は公表されているわけではないため、これといった確かな基準というのはハッキリしていません

 

実際に審査が通った人の話や通らない人の話から、ある程度のことはわかってきます。

 

まず、安定した収入があることです。

勤めている会社が大企業なら、なおプラスです。

 

次に、その会社に何年勤務しているかです。

勤続年数が長ければ長いほど信用できるとみなされることになります。

 

 

銀行のカードローンと大手消費者金融はどっちがいい?

お金を借りるとしたら、銀行のカードローンと大手消費者金融はどっちのほうが審査が通りやすいのでしょうか?

 

どちらか一方の審査が甘い、通りやすいということはないようです。

「消費者金融のほうが審査が甘い」というイメージがありますが、消費者金融によって審査が通った、通らなかったという話もあるのです。

 

お金を借りるときの考え方として、「銀行だから」「消費者金融だから」という審査基準はないと考えてください。

 

ただ中には知名度が低い消費者金融、立ち上げたばかりの消費者金融というのは審査が甘いといわれています。

 

しかし、知名度が低い、立ち上げたばかりの業者に対して、少なからず不安が付きまといます。

信用できる業者なのか、という店では疑問が残ります。

 

審査が甘いからといって安易に申し込むことは控えたほうがよさそうです。

 

 

審査が通らなかったけれど何が原因だったのか

お金を借りるときに契約を申し込んだけれど審査が通らなかった、というケースがあります。

 

このとき、なぜ自分は審査が通らなかったのか、その理由は教えてもらえません。

そのため、審査が通らない理由が分からないので別のところに申し込むのを躊躇するという方もいます。

 

確かに、一度断られただけでなく、次も審査が通らなかったとなると気持ち的にも落ち込んでしまいます。

融資を受けるためにも、なぜ審査が通らなかったのか思い当たる原因を探ってみましょう。

 

例えば、以前別のところでキャッシングをしていて、何度も支払いが滞ってしまったことがあったとします。

これは信用がないとみなされる可能性が大きいので、次にキャッシングをするときに審査が通りにくくなります。

 

場合によってはブラックリストに登録されているかもしれません。

 

実は、支払いが滞った経験があるというのは、審査が通らない最大の原因とも言われています。

過去の未払い分がある場合はそれを綺麗に整理することから始めましょう。

 

 

審査の前に知っておきたい「審査が通りやすくなるコツ」

最後に、お金を借りるために融資を受けるとき、審査が通りやすくなるコツを紹介します。

 

まず、希望金額は少ないほうが審査は通りやすいので、できるかぎり少額で申請しましょう。

小額であれば毎月しっかり返済してくれると判断されやすくなりますよ。

 

それから申込書に記入する文字が綺麗とか汚いというのではなく、丁寧に書いているかどうかがカギになります。

字はその人の性格を現すひとつとして判断材料にすることもあるようです。

 

そして、記入事項はウソを書かないことです。

 

ウソを書いてバレると、信用が一切無くなります。

個人情報はもちろんのこと、勤務先や収入、勤続年数なども正直に記入することが大切です。

 

-お金の借り方・心得

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.