お金の借り方・心得 カードローン カードローン用語

総量規制って何? 総量規制の目的と対象のローンは?

更新日:

総量規制対象外

このページのテーマは「総量規制の基礎知識と上限に近い場合の借り入れ方法」です。

総量規制は利用者を借金の負担から守るためのものです。

基本を知って、賢くカードローンを利用しましょう。

 

総量規制 貸金業者と利用者はそれぞれどうなる?

総量規制は年収の3分の1までしか借り入れができない制限です。

これにより、貸金業者は利用者の返済能力を超えた貸付ができなくなります。

利用者は、年収の3分の1までしかお金を借りられなくなります。

 

総量規制の具体例 利用者の借り入れ可能額

年収510万円の人は、170万円までしか借り入れができません。

複数の会社から借りる場合は、総借金の上限が170万円です。

たとえば、3社から借り入れする場合は、3社の合計借り入れ残高の合計が170万円以下となります。

年収510万円なら510÷3=170万円が上限です

 

総量規制の対象となる借り入れ、ならない借り入れ

総量規制には対象ローンと対象外のローンがあります。

総量規制対象 消費者金融・クレジットカードのキャッシング・信販会社ローンなど、貸金業者からの無担保ローン
総量規制対象外 クレジットカードを使ったショッピング・銀行の借り入れ・住宅ローン・車のローンなど、担保つきの融資・ローン

 

すでに総量規制上限に近い借り入れがある場合 追加融資は可能?

総量規制の上限金額に近い借り入れがある場合、それ以上の借り入れはできません。

ただし、これは消費者金融系カードローンなど貸金業者からの借り入れが対象です。

カードローンでも銀行系カードローンからなら、総量規制の対象外になっています。

ただし、総量規制で決められた上限は利用者を守るためのものですから、ギリギリまで借りてしまうのはおすすめしません。

借り入れが必要なら、銀行系カードローンから借りるか、今の借り入れ残高を減らす必要があります。

銀行カードローンの一覧はこちら

-お金の借り方・心得, カードローン, カードローン用語
-, , , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.