お金の借り方・心得

車検代でお金を借りることについてアレコレ

投稿日:

車検代借りる

車検代でお金を借りることについて

車検があることを忘れていた、修理箇所が多く思ったより車検費用が高くなった、そんなときにお金を借りることを考えるでしょう。

まずは、足りない分のお金がハッキリしている方は、その最低金額だけを借りるようにしましょう。

まだどれくらいかかるかわからない場合は、車検代の見積もりをします。

ただし、車検代は見積もり以外に修理が発生すると、その修理代金をプラスして支払う必要があります。

いくらかハッキリわからない方、一応の見積もりは出たけど最終的に増えたらお金がないという方は、「必要な額だけ自由に借り入れできる」カードローンがおすすめです。

カードローンなら、たとえば10万円~30万円程度の限度額の契約をし、その上限までなら好きな金額をATMから引き出して借り入れができます。

利息は借りた額と期間で細かく計算されるので、無駄がない借り方といえます。

あなたに最適カードローンランキング

親に借りれるなら親に借りましょう。

車検代はどれくらい?

おおよその車検代は知っておきたいですよね。

まずは、車検代の内訳を知っておきましょう。

車検費用は法定費用と車検基本料

車検費用は、法定費用と車検基本料からなります。

法定費用 自賠責保険料・重量税・印紙代・検査手数料
車検基本料 24ヶ月点検・整備費用、検査代、代行手数料など

法定費用は軽自動車と普通自動車で違いがあります。車種が違っても法定費用は同じです。

 車種 自賠責保険 エコカー減税適用車重量税 検査手数料(新規検査で持込車)
 軽自動車  26,370円   2,500円  1,100円
 普通自動車~1000kg以下  27,840円  5,000円  1,100円
 普通自動車~1500kg以下   27,840円 7,500円  1,100円
 普通自動車~2000kg以下   27,840円 10,000円  1,100円
 普通自動車~2500kg以下   27,840円 12,500円  1,100円

法定費用については、どの車検業者でも同じで必ずかかる費用です。

車検費用に差がでるのは点検整備費用

車検費用で差ができるのが、業者ごとに違う点検や整備にかかる費用です。

ディーラーが一番高く、整備工場やカー用品店のほうが安くなります。

またガソリンスタンドでも車検を取り扱っています。

車検業者 点検整備費用の相場
ディーラー 78,000円~90,000円
民間整備工場 50,000円~80,000円
カー用品店 60,000円~70,000円
ガソリンスタンド 50,000円~70,000円

※相場は当サイト調べの目安になります。

部品の交換代

車検では部品やオイルんなど消耗品の交換も必要です。

エンジンオイルは半年ごともしくは5,000キロで交換するのが推奨されています。

エンジンオイルの代金は4,000円前後です。

また、ブレーキパッドの交換代も必要です。

ブレーキパッドは交換に15,000円程度かかります。

※ブレーキパッドは交換のタイミングが使用状況により異なります。

お金が足りなくて借りないといけないなら、車検代はできるだけ安い業者を選びましょう。

 

車検代に使えるお金はどこで借りられる?

車検代に必要なお金は、金額がハッキリしないことをお話しました。

好きな金額を借りれるカードローンがおすすめです。

車検代で30万円もかかることは稀ですから、せいぜい10万円あれば全部をまかなうことが可能です。

その場合は、手軽に契約できる消費者金融系カードローンがおすすめです。

次の給料やボーナスですぐに返済可能な方は、プロミスかアコムがいいでしょう。

プロミスもアコムも30日間の無利息期間があるので、早く返済するほど利息負担がなく借り入れ可能です。

車検代くらいは前もってお金を貯めておきなさい

-お金の借り方・心得
-

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.