お金の借り方・心得 カードローン

車検のお金が足りないときはどうしたらいい?失敗しないカードローンの利用法

更新日:

車検代足りない

車検のお金が足りない!

車検費用は高額なので、用意していた予算からオーバーすることもあります。

そんな場合どうしたらいいでしょうか?

 

簡単に借りれるカードローン

車検は車にのるなら絶対に必要なものなので、払わないわけにはいきません。

車検費用の相場は、だいたい10万円でおさまっている方が多いです。

修理箇所、部品交換が多い場合でも20万円もいかないでしょう。

準備していたお金を少しオーバーする程度でしたら、カードローンがおすすめです。

スマホから申し込みできますし、お昼ごろまでに手続きが終われば、即日で現金の借り入れができるのが心強いサービスです。

 

車検代 どこのカードローンで借りる?ケース別

カードローンには、消費者金融系と銀行系があります。

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

ここでは、ケース別に最適なカードローンの選び方紹介しましょう。

 

急いでいる場合は消費者金融系カードローン

今日明日中に現金で支払いしないといけない場合は、消費者系カードローンがいいでしょう。

消費者金融系なら審査も融資も早いからです。

とくに融資スピードが早い、プロミス・アコム・SMBCモビットが人気です。

プロミスとアコムは30日間無利息でとくにおすすめ ※詳しくはプロミス公式サイトへ

プロミスの申込はこちら

アコムの申込はこちら

SMBCモビットの申込はこちら

 

時間の猶予がある場合は銀行系カードローン

銀行カードローンのメリットは金利の安さです。

消費者金融と比べて若干ですが、安く設定されています。

反面、カードの発行ができるまで借り入れできなかったり、無利息期間がないなどのデメリットがあります。

1周間程度余裕があるなら銀行カードローンを選びましょう。

銀行カードローンの中でも三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のように即日借り入れ可能な銀行カードローンもあります。

バンクイックの詳細はこちら

その他の銀行カードローンランキング

 

 

車検のお金が足りなくならないために

基本的な車検費用は多くても10万円程度です。

1ヶ月1万円の貯金をしていれば、2年に1度の車検(新車なら3年後)には、十分間に合うでしょう。

車検費用は絶対に必要なお金なので、普段から車検用のお金をわけて貯めておくようにしましょう。

 

まとめ 車検でカードローンを利用する

各消費者金融系カードローン、銀行カードローンは、車検費用として便利につかえます。

ただし、必要以上に借りすぎないように、お金ができたらできるだけ早く完済するようにしましょう。

次の車検のために、日頃からお金を使わずにおいておくことも必要です。

車を買うときは保険や車検代、急な修理代など維持費についても考えておきましょう

-お金の借り方・心得, カードローン
-, , ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2020 All Rights Reserved.