お金に困った例と解決法

38歳無職の売れないミュージシャンの末路とは?借金・うつ病・死別

投稿日:

売れないミュージシャンの生活は私たちが思っているより、悲惨みたいです。

 

夢を諦めるのも辛いですが、夢を諦められないのも辛いですね。

 

 

20代で諦められず、30代までズルズルとバンド活動を

東京都内在住。

38歳無職の男、一応ミュージシャンです。

 

前職はIT系企業での契約社員をしていました。

 

売れないミュージシャンをやっていて、ずーっとお金がありません。

 

10代の頃よりロックミュージシャンに憧れ、20代前半に小さいながらもレコードレーベルのオーディションでグランプリ。

少ないながらもファンができたりと、そこで人生こじれてしまいました。

 

バンドのために仕事を変えたり、休んだり。

バンドはお金にならないから、仕事の給料からどんどん活動費が捻出されていきました。

 

そして、とうとうお金がなくなり、キャッシングへ。

 

寝る暇がないほど忙しくても全然お金にはならず、むしろ増え続ける借金。

最後には限界がきて、うつ病になって引きこもり。

 

いつの間にか50万に膨れ上がっていた返済を泣く泣く親に肩代わりしてもらい、精神病院へ。

 

売れない,ミュージシャン,末路

 

数年後、なんとか社会復帰して、慎ましくも穏やかに暮らす日々の中、昔の仲間から誘われて、ついやりたくなって、またバンド

度々突然壊れる機材の修理費、ライブハウスのノルマ、ライブが続いて仕事欠勤。

 

このとき既に30代半ば。

20代とまったく同じ事をしています。

変わったのは体系と白髪の数が増えたことだけです。

 

 

恋人との死別、解雇を通して、40歳を区切りにすると決心

ちょっとずつ貯めてた貯金もすべて切り崩し、むしろ20代のよりも忙しくバンド活動

やっぱり売れない、全然お金にならない。

 

そんな中、恋人が若くして癌で他界してしまいました。

 

この時35歳。

やはり借金は増えていました。

 

私は再び心が折れました。

何とか持ち直そうと頭を抱えながら仕事とバンドをやり続ける中、知人がお金を貸してくれました

 

そのお金で借金を返し、またバンド活動。

 

だって仕方ないのです。

幸せで仕方ないのです。

売れなくとも。

ステージに立てる喜びに勝るものがないのです。

 

38歳。

気づいたら、また借金

 

そして、今度は仕事もクビになってしまいました。

「とうとう人生詰んだかな。」と思いました。

 

売れない,ミュージシャン,末路

 

また過ちを繰り返してしまうかもしれないけど。

この度、何とか周囲との関係に折り合いをつけ、バンドを辞めようと決心をしました。

 

すぐには難しいけど、40歳あたりを区切りとして。

月の稼ぎはなんとか普通に生活できるだけで良いから、慎ましく、穏やかな中年生活を送れるようになりたいです。

 

-お金に困った例と解決法
-, ,

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2018 All Rights Reserved.