お金の借り方・心得

お金を借りる時の審査基準とは?どうしたら合格できる?

更新日:

銀行や消費者金融に頼めば、誰もがお金を借りれるわけではありません。

 

申し込んだ金融機関から審査され、合格した人だけがお金を借りることができます。

この記事では、お金を借りる際の審査について、気になる点をいくつか説明していきます。

 

 

明確な審査基準はあるの?

まず気になるのが、お金を借りる審査基準ですね。

どんな条件をクリアすれば、お金を借りることができるのでしょうか?

 

残念ながら審査基準は公表されているわけではないし、審査に落ちたときも落ちた理由を教えてくれるわけではないので、確かな合格・不合格基準というものは分かりません。

 

しかし、審査が通ったor通らなかった人の体験談を聞いてみると、審査に合格する人にはある程度の共通点が見えてきます。

 

まず、安定した仕事であるかどうか。

非正規雇用より正社員、中小企業より公務員や大企業のように、安定した雇用形態や職場に勤めているかどうかも判断基準に入ります。

 

次に、勤続年数が長いか。

同じ会社に長く勤めていればいるほど、出世が見込めるので信用されやすいですね。

 

貸したお金をきちんと返す人だと思ってもらうためには、やはり安定した収入があるかどうかが判断基準になるみたいですね。

 

 

銀行と消費者金融ではどっちが借りやすい?

お金を借りるとしたら、銀行か消費者金融を思い浮かべる人は多いと思いますが、この2つであれば果たしてどっちのほうが借りやすいのでしょうか?

 

「消費者金融の審査は甘い」や「銀行のカードローンは受かりにくい」などの噂はありますが、果たして本当なのでしょうか?

 

結論から言えば、どちらか一方の審査が通りやすいということはありません

銀行だろうと消費者金融だろうと、明確な審査基準が公開されているわけではないので、どちらが簡単or難しいとは言えないんですね。

 

 

審査に落とされるのはどういう時?

では、審査に落とされるのはどういうケースが一番多いのでしょうか?

 

審査が通らない最大の原因と言われいるのが、過去に支払いが滞ったことがある場合です。

 

例えば、以前別のところでキャッシングをしていて、何度も支払いが滞ってしまったことがあったとします。

これは信用がないとみなされる可能性が大きいので、次にキャッシングをするときに審査が通りにくくなります。

 

もしブラックリストに登録されていようものなら、新たに融資を受けることは非常に困難です。

 

では不可能かというとそうでもなく、ある一定の基準を満たせば融資を受けることができる場合もあります。

 

支払いが滞っている未払い分を完済したり、債務整理をしている場合は、融資を受けられる可能性はあります。

 

もし過去に未払い分があれば、綺麗に整理しましょう。

そして申し込んだ時点で安定した収入があれば、融資を受けられる可能性は十分にありますよ。

 

 

審査に通りやすくなるコツとは?

最後に、審査に通りやすくなるコツを紹介します。

 

まず、できる限り少ない金額で申請しましょう。

 

当たり前ですが、金額が大きいより少ないほうが、貸す側は安心して貸すことができます。

希望金額は本当にその額でいいのか、申請する前にもう一度チェックしたほうがいいですね。

 

また、些細なことですが、申込書は見やすく丁寧に書いてください。

審査するのは人間ですから、字が見にくかったり汚いと、やはり悪印象ですね。

 

そして最後に、記入事項はすべて事実を書きましょう。

 

仕事や収入、借金歴などを、誤魔化したり盛ったりしたい気持ちはわかります。

しかし、そういったウソが一つでもバレると、一気に信用がなくなって落とされる可能性が高まります。

 

たとえ調べられても大丈夫なように、すべて正直に記入してくださいね。

 

 

まとめ

「こうしたら絶対にお金を借りれる」という万能策はありませんが、クリアする可能性を高める方法はいくつかあります。

前もって審査基準のことを少しでも知っておくと、余計な心配をする必要がなくなりますよ。

 

-お金の借り方・心得

Copyright© 生活費やローンでお金を借りる※安全に上手に借りれる銀行・消費者金融 , 2018 All Rights Reserved.